ROCKHOPPER

ROCKHOPPER

オネクストレベルの前身であるオーシャンサプライズ創業当時、サーファーがウェットスーツを着て日本有数のクラシカルポイント松部(千葉県勝浦)の 岩場をピークに向かってエントリーするために、サーフボードを持ってピョンピョンと岩と岩の間を 跳び歩いている姿が岩跳びペンギン(英語名:ROCK HOPPER・ロックホッパー)に似ていることから【ロックホッパー】と 名付け、ロゴマークにペンギンのマークを採用した。 ブランドデビュー以来、【かわいい】ロゴマークに似合わず、ハードコアサーファーの着るウェットスーツの代名詞となっている。日本チャンピオン【小川直久】その他、多数の一流サーファーを輩出している。